快適さと安全性を兼ね備えたタワーマンションの魅力

人気不動産のススメ!悠々自適な生活に最適なタワーマンション

タワーマンションは一人暮らしにオススメ!高い防犯性とメリット

一人で生活をしていると、習慣や行動が不規則になりがちです。タワーマンションは、そのような人にうってつけの存在です。快適性にあふれ、さらに高い防犯性・防災性などを兼ね備えたタワーマンションの魅力に迫ります。

高層マンションだからこその高い耐震性

タワーマンション

「超高層マンション」と言われることもあるタワーマンションは、その名の通りかなりの高さを誇る建造物として知られています。ただ、その特徴が一部の人に不安をもたらすこともあります。「耐震性に問題は無いのか」という部分です。しかしそのような心配は一切要りません。建築法に基づいて建てられていることはもちろん、タワーマンションに関してはとりわけ厳しく耐震性をチェックしているからです。また、低層マンションではほとんど見られない非常用エレベーターも、タワーマンションにはしっかり備わっています。タワーマンションは、十分と言えるほどの耐震性、そしてライフラインを兼ね備えた優れた建造物なのです。

最新の防犯性と安全

防犯カメラ

タワーマンションの人気を支えている理由の1つに、「セキュリティ面」があります。実際タワーマンションは優れたセキュリティ面を備えています。平面的に広がっている大規模マンションに対し、タワーマンションは縦に伸びたつくりとなっています。そのため出入口が限られ、不審死者は外部から侵入しづらくなるのです。そして何より大きいのが最新の防犯システムの存在です。防犯カメラはその代表的存在です。今多くのタワーマンションに設置されている先進の防犯カメラは、不審者を察知すると、管理センターのモニター上に不審者を赤く囲みアラーム音を発するというシステムになっています。このような優れた防犯システムを取り入れているタワーマンションは、安心した生活を送るのに適した存在なのです。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュ

ホテルさながらのサービス、そして豊富な数の共有施設を持つタワーマンションですが、住人からとりわけ高い人気を得ているサービスがあります。それはコンシェルジュサービスです。荷物の一時預かりやメッセージの預かり、花の宅配から家具リースの手配など、様々なサービスを受けることができます。サービスの内容はマンションによって異なりますが、生活を大きくサポートしてくれることは間違いありません。一人暮らしをするのであればなおさらです。

様々な施設も利用できる

スポーツジム

ゲストルーム。ラウンジ。フィットネスジム。これらは全て、タワーマンションに備わっている共有施設です。日本のタワーマンションは、このようにホテルさながらのサービスを受けられることで有名です。これらの共有施設は、住人は全て無料で利用できるようになっています。マンションによっては、敷地内や建物内にミニコンビニやスーパーなどの商業施設が設置されていることもあります。

タワーマンションの中層・下層は、災害時にも安心

予想していなかった!?高層難民トラブル体験談

タワーマンションの高層階には、高層階ならではの問題点があります。実際にそこに住む人のリアルな口コミを聞いてみましょう。

30代男性

ちょっと大きめの地震があったときに、自分の住むマンションのエレベーターが止まってしまいました。部屋は30階にあるので、往復するのは厳しいと考え、復旧するまで実家で生活していました。「低層階を選んでおけばよかったかな」と思うきっかけとなった出来事です(笑)

30代男性

耐震性には問題無いと思いますが、台風が来たときは風の強さに内心ビクビクしています。タワーマンションの結構高いところに住んでいるので、ダイレクトに強い風を受ける状態です。大きな揺れを感じることもあります。大丈夫だとは思いますが、やはり怖いものは怖いですね……

30代女性

私が住んでいるタワーマンションのエレベーターは、地震の揺れを感知したら自動的に動きを停止するつくりになっています。「地震が起きたら閉じ込められるかもしれない」と考えると、ちょっと不安です。安全性は感じられますが、住む部屋の階層に関してはもう少し考えたほうが良かったかも、と思っています。

災害時のライフライン確保には低層階・中層階がオススメ

高層階よりも揺れが少なく避難が容易

低層マンション

タワーマンションの低階層・中階層は、災害時、揺れの影響をほとんど受けません。また避難するのに適した場所と言えます。例えば、地震や台風の影響でエレベーターが動かなくなったとき、高層階に住む人は移動するのに不便な思いをしてしまいます。その反面低層階や中層階は、何かあっても階段で容易に移動ができます。また、1階や2階に住んでいるのであれば、事件や事故があったとき窓から脱出することも考えられます。

ライフラインが絶たれたときに真価を発揮する低・中層階

水タンク

ライフラインが絶たれたときは、まず水や食料の確保をしなければなりません。例えば何らかの災害によってマンションのエレベーターが止まってしまった場合、タワーマンションの高層階に住んでいる人はかなり大変な思いをしてしまいます。階段を使って水や食糧を運ぶのに、かなりの労力と時間を要してしまうからです。低層階や中層階であれば、比較的楽に運ぶことができます。